TOP | 会社概要 | 再現マシンとは? | 球筋(変化球)動画 | 製品紹介 | 再現理論 | BBS | LINK

宜野座カーブ特集

 

はじめに、宜野座カーブ動画掲載にあたって

 

 テレビ放映画像より、3種類の回転が解析出来ました。

           
   
A 回転軸が水平に近い高速のトップスピン
B 回転軸が飛球方向の高速のジャイロ回転
C 回転軸が水平に近い高速のバックスピン
     
           
 
以上、3種類の回転を基にボール打ち出し実験をし、@〜Dの動画撮影を行いました。
   
           
   
宜野座カーブ動画
@ 右投手 縦カーブ A 右投手 スライダー B 左右投手 縦カーブ
C 左投手 縦カーブ・シュート気味

D 左投手 シュートする縦カーブ

   @は右投手の投げるカーブで、回転軸が水平に近いトップスピンの高速シュート回転
   Aは右投手の投げるスライダーで、回転軸が飛球方向のジャイロ回転。
   Bは左右投手の投げる縦のカーブで、回転軸が水平に近い低速バックスピン
   Cは左投手の投げる縦のカーブでシュートする、回転軸が水平に近い中速バックスピン
   Dは左投手の投げる縦のカーブで切れの良いシュートする、回転軸が傾いた高速バックスピン

動画の球筋は何れも 、 投球開発者より 実際の球筋に近い と評価されています。

 

動画データ

           
 
@ 右投手 縦カーブ
宜野座カーブ(トップスピン:右投手)
飛球角 左13度(飛球方向に対する赤道の角度) 
傾き角 左15度(水平方向に対する回転軸の角度) 
ボール回転数 毎分1250回転(下向き回転) 
球速 99km (スピードガン測定では、110km前後)
(3球目から1/2スロー)
 
A 右投手 スライダー
宜野座スライダー( トップスピン系:右投手)
飛球角 右65度(飛球方向に対する赤道の角度) 
傾き角 右30度(水平方向に対する回転軸の角度) 
ボール回転数 毎分1300回転(下向き回転) 
球速 100km (スピードガン測定では、110km前後)
(3球目から1/2スロー)
         
B 左右投手 縦カーブ
宜野座カーブ(バックスピン:左右投手)
飛球角 左15度(飛球方向に対する赤道の角度) 
傾き角 右30度(水平方向に対する回転軸の角度) 
ボール回転数 毎分600回転(上向き回転) 
球速 80km (スピードガン測定では、90km前後)
(3球目から1/2スロー)
C 左投手 縦カーブ・シュート気味
シュート気味(バックスピン:左投手)
飛球角 左10度(飛球方向に対する赤道の角度) 
傾き角 右30度(水平方向に対する回転軸の角度) 
ボール回転数 毎分840回転(上向き回転) 
球速 80km (スピードガン測定では、90km前後)
(3球目から1/2スロー)
         
D 左投手 シュートする縦カーブ (ハイレベル)
切れの良いシュート(バックスピン:左投手)
飛球角 左8度(飛球方向に対する赤道の角度) 
傾き角 右30度(水平方向に対する回転軸の角度) 
ボール回転数 毎分1100回転(上向き回転) 
球速 80km (スピードガン測定では、90km前後)
(3球目から1/2スロー)
     
         
 

【ビデオテープ解析結果から 宜野座カーブに付いての報告】

宜野座カーブは、二つの大きな特徴が観察されます。

@ ボールの回転数が、通常の2〜3倍の高速回転で有ること
A 腕、関節、肘、肩の運動方向により、ボール回転軸と回転方向を自在に変えられる事

この2大特徴により球速110km/h前後の どの方向の球筋でも 切れの鋭いものから甘いものまで投げられる特長が有ります。投手によって球の切れが異なる( 投球開発者の談話)ことになります。掲載の動画は代表的な球筋であり、従来考えられていた 固定的な球筋感は間違い で有る。 との結論に至りました。

今後の課題は、野球発展の為、 投球開発者も望む全国への普及を、いかに進むべきか で有ります。

 
         

変化球動画メニューに戻る


当サイト、ピッチャー再現マシンについて、お問い合わせ
球筋動画に関するご意見、ご要望など

ジャイロ技研ピッチングマシン

大分県大分市東野台2−22−1
tel 097-578-7558
fax 097-578-7561

メールはこちら

当サイトは、リンクフリーです。
下記バナーは、直リンクせずにお持ち帰りください

ピッチャー再現ピッチングマシン

Copyright (C) 2004 Gyrogiken. All rights reserved.